イタリアンアルティメットダークネス日記

おませな小学四年生たちが綴るわいわいブログ

ゲーム:大逆転裁判1&2

 どうも、たけです。逆転裁判シリーズのスピンオフ作品「大逆転裁判」の1および2の紹介と感想です。シリーズの生みの親である巧舟がディレクターを務めた大傑作です。僕は他のシリーズはやったことがありませんがめちゃくちゃ楽しめました。

 

www.capcom.co.jp

 

 ざわに猛烈にオススメされてやってみました。前からダンガンロンパ逆転裁判かその感じのゲームを一度やってみたかったのでちょうどよかったです。

 ゲームシステムとしては謎解きビジュアルノベル?てきな?レイトン教授か?脱出ゲームっぽさもある。思ってたよりストーリーを追っていくのがメインの感じなんですが、謎解き的な要素があって状況や証拠品をもとに真実を解き明かしながらきながら裁判での無罪獲得を目指します。基本的にごりごりの冤罪をかけられた被告を助けていきます。後半は普通にむずかしいですが、その分解けたときのスッキリ感もいい感じです。担当弁護士であるにも関わらずまじで事件の状況がよくわからないまま裁判にぶちこまれるので、裁判の中でどんどん事件の様子が明らかになり、ちょっとしたきっかけから裁判が全く違った方向に展開して逆転していくのは爽快でした。

 

 物語の舞台は19世紀末、普通の逆転裁判シリーズの主人公の先祖の物語です。人物もみんな初登場の人たちなので他の作品を知らなくても問題ありません。「大逆転裁判1」と「大逆転裁判2」は前編と後編の関係になっていて、両方セットでやる必要があります。各5章ずつ、全10章のエピソードがあり、それぞれの事件が実はいろいろ繋がっていて一つの壮大なストーリーになっています。正直かなり長い助走が必要なのですが、最終的にはその甲斐のある大傑作になっています。謎解きのおもしろさもさることながら、とにかくストーリーがすばらしい。壮大さは「からくりサーカス」に匹敵するか超えてくるレベルです。各事件を解き明かしていく中でそれらを貫く一つの巨大な陰謀が明らかになっていきます。その展開の流れがすばらしいし予想を超えてきます。もう一度言いますがまじで助走期間が長いので前半は飽きずに頑張る必要がありますが、最終的には大満足できます。僕は2か月くらいかけてゆっくりやりました。

 

 あとはキャラがわりといいです。歴史上の人物とか有名なキャラクターのオマージュが出てくるんですが、そのアレンジっぷりがすごい。シャーロック・ホームズとかがめちゃくちゃアレンジされて出てきて最初は戸惑うんですが、最終的にはかなり好きになっています。あとスサトさんがかわいいです。

 

ラスト3章はスーパーしびれる超展開で、かなりよかったです。「大逆転裁判1」をやってるときはわりと退屈な時間も長かったので耐える必要があるのですが、2に入ってからは順調だし最後はめちゃくちゃやばいので、やってみる人は頑張って最後までやってほしいです。おすすめです。

漫画:「ミッションちゃんの大冒険」

 どうも、たけです。

 知る人ぞ知る名作web漫画、OH MY GOD!!(現・模造クリスタル)の「ミッションちゃんの大冒険」の紹介です。

 

 模造クリスタルというのは同人サークルで、今みたいに商業web漫画がごりごりになる以前から活動していた人たちです。その中でも「ミッションちゃんの大冒険」はわりと代表的な作品で、ふにゃふにゃした絵、話ごとに変わる色彩、陰鬱な世界観と、そこでもがくミッションちゃん、どこか哲学的なセリフが魅力でカルト的な人気のある作品です。実はもう正式に読めるところはないのですが、各自なんとかしてください。

 

 自殺した少女(ミッションちゃん?)がどこかに飛ばされてそこでただただ働かされるお話です。暗いし陰鬱としてはいるんですが、少女がただただその日を生きるために、諦めながらも精神的に戦っていくところが魅力です。

 いろいろと印象的なセリフが多くて、グッときます。こういう場面とか。

matome.naver.jp

 

他にも、

り、理性を使ってみては?一瞬、苦痛をまぎらわす、頼もしいものなんですが・・・

レモンの味がする おいしいか?おいしいのか?
なら味わおう 味わうべきである
私が幸せにしてやる よく噛みなさい

フィンセントが持ち出す絵の具は日ごとに増す!
彼は、一日に三枚も描くから
ブイヤーベースを食べるマルセイユ人のように僕は絵に熱中する!

 などなど。「理性を使ってみては?」とかはパロディでもちらほら見かけます。

 

ちなみに同じ作者の作品はいろいろあって、「金魚王国の崩壊」も名高いです。

www.goldfishkingdom.client.jp

 

以上、「ミッションちゃんの大冒険」の紹介でした。どこかで正式に読めるようにしてくれ!!

漫画:panpanya「蟹に誘われて」

 どうも、たけです。

 今日はpanpanya作の短編漫画集「蟹に誘われて」を紹介します。

www.hakusensha.co.jp

 

 けっこーグッと来たので他の作品も読みたいな、となるくらいの、けっこーなグッと来具合でした。ふにゃふにゃしていて、ミステリアスで、少し不気味で、ユーモラスで、軽快で、そんな不思議な世界観な短編が並んでいます。主人公は毎度違う人物なんですけどみためはいつも同じで、それもなんだか不思議な良さを醸し出しています。ミッションちゃんを彷彿とさせるふにゃふにゃ具合ですね(ミッションちゃんは次回紹介しようかな)。

 合間に書かれているエッセイもいい感じでした。

 

 いやぁ、なんというか、説明するのが難しいんですが、とにかく「いい」のでオススメです。

今月のいいね 2019年9月編

 どうも、たけです。おそばせながら、SNSなんかで気になったものをざっくり紹介していくコーナー、2019年9月編です。

 

 

簡単溶接

 溶接ってもっと手間がかかるイメージでしたが、このサイズ感でできるんだったらいろいろ便利そうだなと。

品田遊『弱者救済の「ばくだんミニカー」的な解決について』

note.mu

 小説家の品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)のエッセイ。グッときました。僕も隕石が落ちて全部破壊してくれることを期待しながら日々過ごしてますが、こういう「ばくだんミニカー」的解決の存在、無視できませんよね。

おやすみプンプン」の考察記事

www.ichika.work

 浅野いにおおやすみプンプン」の考察記事。浅野いにお本人もTwitterで言及していたお墨付き。「おやすみプンプン」は僕の一番好きな漫画なのですが、気づいていなかったこともいろいろ書かれていてグッときました。そうだよ...おやすみプンプンは単に「鬱漫画」とか雑にカテゴライズされるようなだけの作品じゃないんだよ...読者の人生を殴りにかかってる、ガチムチ激アツ青春ボーイミーツガールでガールミーツボーイな尖り新し漫画なんだよ...、という気持ち。ラスト3巻くらいは読んでる間ずっと頭に雷落ちまくりだったことを思い出します。

地蔵コーン

 よい。とてもよい。このツイートのスレッドを見てるとそれもよい。日本の八百万神的な価値観を現代に降ろしたようなすばらしい作品。

ギャル

 シンプルにぐっときたツイート。おれがギャルになるぞ。

 オリィ研究所

 分身ロボットカフェもそうだけど、ここの製作物はまじでイケてるし、技術の活かし方として夢があって応援したくなる。

義手

 こういうのはサイボーグならではの良さ。走り幅跳びでは義足の選手の記録が健常者の記録を超えつつある(もう超えた?)とかいう話題がありますが、人体が最適とは限らないというのはぞくぞくします。どんどんおれを否定してくれ。

Boston Dynamics

www.youtube.com

 ほんとにもうCGだと思いたいくらいすごい。意味が分からない。

テザー銃

 かっこいい。こういう安全に犯人を捕まえる手段ができていくのはいいですね。過剰な罰を与えるのは非倫理的なので。

改造BeatSaber

  そういえばこの動画でBeatSaberを知ったんだった。以前このブログで紹介したVRゲームです。左右のコントローラーを棒の両端に付ければこういう遊び方もできる。BeatSaberはカスタム曲の配信が可能で、世界各地でユーザーが作成したオリジナル譜面を使ってこういう発展形の遊びも行われているようです。音ゲーオタクの世界に踏み込んでしまった。

shogakuyonensei.hatenadiary.com

 

以上、今月のいいね 2019年9月編でした。

VRゲーム:Superhot

 どうも、たけです。

 前回に引き続き、オススメVRゲームの紹介です。

shogakuyonensei.hatenadiary.com

 

 今回紹介するのは「Superhot」というシューティングゲームです。自分が動いた分だけ時間が進むという激アツのシステムによって映画のようなスーパープレイを実行できます。頭の回転速度が無限になった感じです。「圧倒的に不利な状況」を「圧倒的に有利なシステム」で切り抜けます。銃弾を避けながら宙を舞う拳銃をキャッチして狙いを定めてヘッドショット!みたいな神業ができてめちゃくちゃ気持ちいいです。

 たけによるプレイ動画がこちら。

www.youtube.com

これはハードモードなので各銃が一回ずつしか撃てません。

 

 敵がガラスでできてる感じのビジュアルや演出もイケてます。描写がシンプルなのもあって酔いませんし、「自分が動いた分だけ時間が進む」というシステムも直感的で何も考えなくてもなじみます。快適です。Oculus Questの6自由度のトラッキングがあってこそですね。

 圧倒的に有利なシステムとはいえ、どういう手順で倒すかをうまく考えないと死にまくります。弾数が限られていたり、銃を持った敵から倒した方がよかったり、強い武器を使うと一気に時間が進んだりと、いろんな要素を考慮して攻略手順を組み立てる必要がありパズルゲームのようでもあります。そう思うと「ループもの」や「無限コンティニューもの」的な有利さもありますね。

 ゆっくり動けばゆっくり判断できることは頭ではわかっていても、目の前に銃弾が飛んでくると反射的に避けてしまって冷静に対応できなかったり、すっかりVRの世界に没入した反応をしてしまい独りで赤面したりも。敵の発砲音がどこから聞こえて来たかで判断出来たりと、VRの要素がしっかり活かされています。

 

 一度シナリオをクリアするとハードモードやスピードランなど新たな要素が追加されてやりこめるようになっています。とにかくスーパープレイが楽しいし気持ちいい、VR満載の良いゲームでおすすめです。

VRゲーム:Beat Saber

 どうも、たけです。ついに「隔日更新」の表記を消しました。

 

 現実世界を離れたい気持ちと、時代的にHMDの1つくらい持っていたい気持ちから、Oculus Questを衝動買いしました。

www.oculus.com

 

 Oculus Questは今年の5月に発売された、VR用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。

 このHMD上に搭載されたカメラ映像を使って自分の位置を計測するので、周りに何も置かなくても頭の回転と移動の6自由度のトラッキングが可能です。主にゲーム用として買いましたが、どんなところでも大画面で映画を見るなどいろんな用途があります。

 設定などは超簡単でした。最初に家具などがない動けるスペースを設定するので、ゲーム中もものにぶつかりそうになるとちゃんと警告してくれます。がっつりゲームするなら二畳分くらいはあった方が良さそうです。

 

 そして購入の理由ともなった「Beat Saber」というVRゲームを早速やりました。予想の120倍楽しいです。

www.youtube.com

ゲームをやってる様子はこの動画がわかりやすいかもです。

www.youtube.com

 

 いわゆる「音ゲー」です。右手に青、左手に赤のライトセーバー的なものをもって、音楽に合わせてブロックを切っていきます。

  • ブロックと同じ色の方で切る
  • 矢印の向きに切る
  • でかい箱みたいなやつは避ける(頭が当たったらダメ)
  • 爆弾は切ったらダメ

という簡単なルールです。手の動きに対して遅延も感じませんし、酔いもないので快適です。

 

 そしてやばいです。めちゃめちゃ楽しいです。夏に友人たちと旅行に行ったんですが、それと同じくらい楽しいです。まじで夢のゲーム。ジェダイになれます。ブロックを切るとコントローラーが振動するのですが、それがいい感じに「切った感」をくれていちいち気持ちいいです。難易度も細かく調整できるので徐々に上達していく感じを楽しんでいます。

 あと汗かきますしいい運動になります。1時間くらいやったらfitbit的には500kcal消費したことになってました。

 こちらは僕のプレイ動画。このくらいまではさくっと上達できると思います。

www.youtube.com

 

 スーパーおすすめです。他にも文字通り別次元におもしろいゲームがあるのでまた次回紹介します。まじでVRの中の仮想世界が楽しすぎて、現実に帰ってこれなくなりそうです。